クラビットとは?

curative

別の記事で、ジスロマックは病原菌のたんぱく質の合成を阻止して病原菌を増殖させることを防ぐ働きを持つ薬、ということを知って頂けたと思います。
それなら、もう一つのクラビットという治療薬についても合わせて押さえておきましょう。

抗生物質のクラビットは、クラミジアといった性感染症の他にグラム陽性菌や陰性菌、マイコプラズマといった細菌にも効果があります。
ジスロマックとクラビットは、実は風邪で病院へ行った際によく処方されるものなので、知らない間に服用したことがあるという方もいるかもしれませんね。
クラビットは細菌のDNA複製を阻害して繁殖することを防ぎ、殺菌する効果があるので、体の様々な不調を改善させてくれる効果があります。
クラビットの服用方法は、500mgの場合1日1回1錠を水やぬるま湯と一緒に服用し、250mgの場合は2錠服用して下さい。
症状が重い場合には、1日1回750mgを3日服用することもありますが、勝手に判断することなく医師の判断に従うようにして下さいね。
クラビットを服用して起こる副作用は、軽い下痢や吐き気、発疹などですが、いずれも軽い症状のものばかりですので安心して下さい。
クラミジアの治療でクラビットを服用する場合は、約1週間服用することとなっています。
これはジスロマックにも言えることですが、1週間程度で症状が改善されたからといって薬の服用を中断すれば、隠れていた細菌を見逃してしまい再発してしまう恐れがあります。
そのため、クラミジアを完治させるためにも病院で処方された分は必ず飲み切るようにしましょう。