ジスロマックとは?

cure

クラミジアには、ジスロマックやクラビットといった治療薬を使って早期に治療を開始することが大切です。
名前を聞きなれない方もいると思いますので、この記事ではジスロマックのご紹介をしていきたいと思います。
抗生物質のジスロマックは、クラミジアや淋病といった感染症を治療するための薬です。
ジスロマックの主成分であるアジスロマイシンは、細菌が活動するために必要となるたんぱく質の合成を阻止して、病原菌の増殖を抑えるという効果があります。
また、様々な細菌に対しての殺菌効果を持っているので、感染することで起こる炎症や腫れ、化膿、発熱といった症状を改善させてくれます。
1回服用すれば1週間~2週間程度効果が続くことになりますので、飲み忘れることが心配だという方でも安心です。
ジスロマックは性感染症を治療するためだけの薬というわけではなく、抗炎症作用があることから気管支炎拡張症、慢性の副鼻腔炎、中耳炎といった治療にも使われているため、耳鼻科などでも処方されることがあります。

ジスロマックには250mg、500mg、1000mgの錠剤があり、それぞれの用量で服用方法は変わってきます。
まず250mgなら1日1回2錠を3日間、500mgなら1日1回1錠、1000mgなら3日1回1錠ジスロマックを服用するようにして下さい。
副作用として、胃痛や吐き気といった症状が起こることもありますが、基本的には軽い症状で治まります。
クラミジアの治療だけでなく尿道炎や子宮頚管炎といった症状にも効果を発揮し、使用できない薬が多い妊婦の方でもジスロマックは服用できるといわれるほど安全性の高い薬なので、初めて使用される方でも安心ですよ。